第1回「白河杯」卓球親善大会

当社は、企業文化構築の動機づけの役割をさらに発揮し、従業員のアマチュア文化スポーツ生活を充実させるため、最近従業員を組織して卓球大会を開催しました。

企業文化部門による周到な準備と各部門の積極的な参加と支援を経て、4月7日に活動室で大会が開催され、社内各部門から40名の社員が参加しました。会社のリーダーたちはこの競争に多大な注意を払い、強力なサポートを提供しました。

この大会は男女混合シングルスの形式で行われる。 11ポイント制と国際卓球競技ルールを採用。フィールド上の選手たちは真っすぐに水平にシュートを放ち、攻めたり守ったり、押したり引いたり、応援団は笑いと笑いに包まれる。歓声や歓声が次々に上がり、和気あいあいとした温かい雰囲気に包まれました。

全員が競い合い、チャンスを逃すことはありませんでした。集団の結束力と名誉意識を遺憾なく発揮し、負けを認めない強さがまざまざと表れていた。同時に、お互いの気持ちを交換し、卓球の技術を学び、友情を深めていった。企業文化部の同僚が競技の審判と関連事項の調整を担当しました。ゲームのカウントと記録に関して、審判は几帳面かつ公正であり、ゲームのルールを厳格に執行します。

大会は白熱した熱戦の後、4月21日に閉幕した。最終的に、シルク印刷部門の李氏が優勝、倉庫管理部門の劉氏が準優勝、研究開発センターの黄氏が準優勝となりました。ゼネラルマネージャーのピーター・フーが名誉賞状と賞品を授与しました。

この投稿をシェアする

Choose language